睡眠サプリは色んな種類のものが市場に出回っています。

それらの睡眠サプリは本当に効果があるのでしょうか。

私はそれがすごい疑問でした。

果たして睡眠サプリは私やあなたの悩みを解決してくれるのでしょうか。

ここでは私自身が、『睡眠が浅い』という問題解決のために睡眠サプリを使ってみた体験をあなたにご紹介したいと思います。

そもそも、睡眠サプリとは何か?それをお伝えしたいと思います。

今や日本人の5人に1人は睡眠の悩みを抱えていると言います。

もしかしたらあなたも睡眠のことで悩んでいるかも知れませんね。

私の体験記が少しでもお役に立てれば幸いです。

1.夜中に何度も目が覚めて睡眠が浅い!

いつの頃からでしょうか、自分の睡眠が浅いと気づいたのは・・・。

たぶん、50代の半ばを超えたあたりからだと思います。

特に思い当たる原因らしきものは何もないのに、どうも熟睡出来ません。

睡眠時間は最低でも6時間は確保しています。

しかし、本当にぐっすり寝たなぁと思える日は数えるほどで、だいたいこんな症状に悩まされていました。

1.ちょっと気になることがあると、夜になかなか寝付けない。

2.夜中にトイレ以外で何度も目が覚める。

3.朝が辛くて起きれない。

4.日中に眠気に襲われる。

5.仕事中の注意力、集中力が続かない。仕事の能率が上がらない。

6.偏頭痛がする。

7.一日中体がだるい。

こんな感じです。

いかがですか?

あなたも私と同じような症状に悩んでいませんか?

私がかつてリストラで首になったショックで不眠症になったように、原因がハッキリしていればまだ対策も立てやすいのですが・・・。

原因に心当たりがないと辛いですね。

私の場合、比較的寝つきはまぁまぁいい方だと思います。

一番の問題は夜中に目が覚めてしまうことです。トイレに行きたくて目が覚めるのではありません。

何となしに夜中の2時や3時に目が覚めてしまうのです。

当サイトで記事にした通り、私もあなたも人は皆、眠りについてからの3時間、4時間が最も大事な時間帯なのです。

ここが眠りが本来もっとも深くなる時間帯であり睡眠ホルモンが分泌され、細胞の修復や神経の休息が行われる時間帯なのです。

それなのに、この時間帯に目が覚めてしまうと眠りが浅くて十分な休息が取れません。

私のように、睡眠時間だけはキッチリ6時間から7時間確保しても、睡眠の質が悪いというか、熟睡度が足りなければ睡眠が十分とは言えません。

その結果、朝の目覚めに爽快感がなく、日中は体がだるかったり、眠気に襲われたり。むろん、仕事をしていても集中出来ない、注意力散漫状態になりがちです。

あげくの果てには偏頭痛に見舞われます。こうなるともう最悪です。

頭痛薬のお世話になるか、もう仕事をあきらめて横になるしかありません。

結果として予定通りに仕事がこなせない、どうも出来栄えが満足出来ない、会議に出席しても頭が働かない、などの支障が出てきます。

私は50代半ばからこんな悩みをずっと持っていました。

それもこれも、睡眠の質が悪いからです。6時間、7時間寝ていても熟睡している時間がほんの少しだけなのです。

私はたいてい11時から12時くらいに寝るので、少なくとも夜中の4時までは熟睡しなければいけません。

それなのに、2時や3時に目が覚めてしまうから眠りが浅くなってしまうのです。睡眠で大事なのは時間ではなく、熟睡度です。

さて、ここまでは私自身が抱えていた睡眠にまつわる悩みを書いてきました。

あなたにも身に覚えがありませんか?

2.睡眠サプリを試してみる

先ほど書いたような、「眠りが浅い」と言う悩みに対して、普通まず行う対策としては枕を変えてみる、照明を変えてみる、カーテンを変えてみる、香りを変えてみる、などの手があります。

そうしたことはむろん効果のあることでしょう。それでぐっすり眠れるようになった、と言う人も現にいることでしょう。

しかし、私は一通り全部やってみたけど全く効果なしでした。もちろん、寝る前にカフェインが入った飲み物など、絶対に避けてますよ。

枕は3つ変えてみました。材質やら形状を変えてみました。カーテンも変えて早朝に朝日で目覚めないようにしてみました。

足元照明も試してみましたが効果なしです。睡眠に効果のあるというお香も試しましたがこれも全く効果なし。

そもそも、そうした対策を行うことがストレスとなってきました。どうにもイライラしてやれません。

そこで最終兵器とも言うべき覚悟で睡眠サプリを使ってみることにしました。

実は私は50歳を過ぎるまで睡眠サプリなるものが世の中に存在するとは知りませんでした。

そして、初めて睡眠サプリを知ったとき、睡眠薬みたいなものかと勘違いしました。

夜、眠れない人がこの睡眠サプリを飲めば眠れるようになるのかと思ったのです。

実際にそうした眠れない人に対する効果をうたった睡眠サプリもありますが、多くはそうではありません。

睡眠サプリとは、睡眠の質を高めてくれる成分が入った食品です。

薬ではなく、あくまでも食品です。ですから副作用もないし、依存性もありません。

「え?睡眠サプリが食品?」

あなたはビックリするかも知れませんね。でも、日本の法律上の分類から言えば、食品です。

そもそも、あなたが口にする物は医薬品か食品か、その2種類しかありません。

健康食品やサプリメント、と言う特別なジャンルは法律上は存在しません。

簡単に言えば、明確な薬以外はみな食品なのです。

だから睡眠サプリも食品です。

私が過去に試してみた、マインドガードDX、ネ・ムーンプラス、ネムリス、月の休息、全て飲み方の説明に、「お召し上がり方」と書いてあります。

まさに食品ですね。薬を「召し上がる」とは言いません。

そもそも、「睡眠サプリ」という呼び方もメーカーさんはしません。

私がかってにそう呼んでいるだけです。

各メーカーさんが自社製品を何と呼んでいるか、公式サイトなどを調べてまとめてみました。

製品名 製品の呼び方
マインドガードDX 休息サポート飲料
潤睡ハーブ 植物由来の休息サプリ
ネムリス 天然休息サプリメント
月の休息 休息サポートサプリメント
ネ・ムーンプラス
休息サポートサプリメント
スヤナイトα 夜の休息のためのサプリ

いかがでしょうか。こうしてみると、「睡眠サプリ」と言う呼び方は一社もしていないことが改めて分かります。

あくまでも、「休息」のためのサプリなのです。(商品名をクリックするとホームページにリンクしています)

まぁ、そんな説明はともかく、実際に睡眠サプリは効くのか?

そこが問題です。私が自分で飲んで試した5種類は、どれも効きました。

そう、どれもみな効いたのです。

どのように効いたのか、それは個別に私の体験記を公開していますので、ぜひそちらをご覧ください。

●マインドガードDX体験記

●ネムリス体験記

●ネ・ムーンプラス体験記

●月の休息体験記

以上の4種類の休息サプリです。

それぞれの体験記をお読み頂くとお分かり頂けますが、この4つは全部効果がありました。

私の睡眠の質を高めてくれました。

だから私にとって休息サプリは100%効果アリと感じています。

3.睡眠サプリの効果

私が睡眠サプリを使って一番効いたな、と思うのは夜中に目が覚めなくなったことです。ぐっすり眠れる、熟睡出来るようになりました。

同じ6時間の睡眠でも、夜中に目が覚めないと朝起きた時の気分がまるで違います。

「あ~、よく寝たなぁ~」

と、すぐに起きれます。爽やかな朝の目覚めって、本当に気持ちいいです。

「よし!今日も1日、頑張るぞ!」

って、すごく前向きな気持ちになれます。これ、大事ですよね。1日のスタートがしょぼいともう、その日1日はダメです。

当然ぐっすり眠れた日は日中も気分が全然違います。まず、眠気がきません。

そして集中力が違います。頭がフル回転してくれるので仕事がはかどります。出来栄えも満足できるものになります。

「やっぱり睡眠は健康の基本だ!」

そう、つくづく思い知ることになります。

しかも、私が使った4種類の睡眠サプリはどれも効果がありました。なぜみな効いたのだろうと、その共通点を探ってみると、答は簡単、すぐに見つかりました。

キーワードは、「セロトニン」です。

詳しいことは各サプリメントの公式サイトをご覧頂くとして、一口で言うなら心を安らかにしてくれる脳内物質です。安眠、熟睡に非常に働く物質です。

4種類の睡眠サプリには全てこのセロトニンが配合されています。だから私にはどれもみな効果的でした。

このセロトニンの効用は完全なる周知の事実であり、科学的に解明されています。

そう、理屈で安眠、熟睡、深い眠りに効果的だと分かっているのです。

理屈で睡眠の質を高めてくれると分かっているのですから、飲み続ければ必ずそれなりの効果は期待できます。それが理屈というものです。

ただ、4種類の睡眠サプリが私に効果的であったとはいえ、その程度にはけっこう差があります。

「そこそこ効いた」という程度から、「すごく効いた」という程度まで差があります。

これは間違いなく個人差があると思うので、あなたが私と同じようになるとは限りません。

ちなみに、どのサプリが私には一番効いたか、それは『休息サプリの失敗しない選び方』で書きました。ぜひ私の体験を読んでみて下さい。

4.睡眠サプリ使用の注意点

先ほども書きましたが、私が睡眠サプリと呼んでいるのはメーカーでは休息サプリと呼んでいるし、日本の法律上は食品です。つまり、薬ではありません。

従って、あなたが深刻な睡眠障害に陥っている場合には、このような睡眠サプリに頼っても効果は薄いと思います。

それよりもすぐに専門医の診察を受けることをお勧めします。

例えばうつ病や自律神経失調症に伴う睡眠障害などはサプリでは治りません。専門医が処方する薬が必要です。

あるいは、私が会社を首になって不眠症になったように、何か大きな精神的ショックを与えるものが原因として分かっている場合には、その原因に対する対処が必要です。

失業の不安が不眠症の原因ならどこかに就職できることが根本対策です。

それを失業したままいくらサプリを飲み続けても解決しません。(ただ、解決の手助けにはなります。)

それと、文中でも書きましたがサプリの効果には個人差があります。セロトニンが効くと言っても、どの程度効くかは実際に飲んでみないと分かりません。

そして、個人差の中には生活習慣や食生活も含まれます。

連日遊びまくって昼夜逆転したような生活だと安眠、熟睡も難しいでしょう。それはサプリを飲むより生活習慣を改善することが先決です。

ただ、ハッキリした原因に心当たりもなく、睡眠時間もしっかり確保しているのに眠りが浅い、熟睡出来ない、そう感じる人には効果が期待できます。

年齢的な要因もあります。歳を重ねるごとに睡眠は浅くなる傾向にあるでしょう。

でも、30代、40代の人でも同じような睡眠の悩みを抱えている人は多いようですね。あなたはどうでしょう?

以上、ここでは私自身が過去に睡眠サプリを飲んでみた体験から、「睡眠サプリは効くのか?」というテーマで記事にしてみました。

どうも目覚めの気分が冴えない、日中にだるい、頭がスッキリしない、そんな悩みを抱えるあなた。一度お試しで睡眠サプリを使ってみて下さい。

最後に私が使ってみたサプリメントをご紹介しておきます。興味があれば公式サイトをご覧下さい。詳しい説明があります。

またそれぞれ私が使用した体験記があります。こちらもどうぞご覧下さい。

きっと睡眠サプリをまだ使ったことがないあなたにもイメージが伝わることでしょう。

バナー

妻の看病から不眠症。リアル体験!
マインドガードイメージ( お試しセット特別価格

¥8,625 ¥6,810(税込)
矢印「マインドガードDX」詳細はここ

矢印魔法の休息日誌!「私の体験記」
日本で一番詳細な体験記アリ!
ネムリスバナー 初回特別価格

¥7,000 ¥5,670(税込)
矢印「ネムリス」商品情報はこちら

矢印「お試し10日分 私の体験記」
まずはお手頃価格でお試し体験!
神秘の健康力 高麗人参健康食品
9年連続売上No1

1日わずか90円

¥2,700(税込)
矢印「神秘の健康力」詳細はこちら

矢印私の解説記事もあります!

新フッター